読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

劇場版 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- DC

昨日から東京入りをしていたこともあり、新宿のバルト9で舞台挨拶付きの上映回を見てきました。
すでに2作目が決定しているアルペジオ。原作はあるものの途中からテレビだけの流れになっていて、前半はその総集編に要所要所に新規映像を交えつつ主人公群像とイオナ神のナレーションを交えつつ。そして後半はついに待ったテレビシリーズから続く完全新作パート。ついにテレビシリーズでは出番のなかったヒエイが登場! さらにはミョウコウ型4人。つまり、霧の生徒会が参戦。と、これは封切り前から出ていた情報。それでもテンションが上がる。けれども出てくるなり生徒会室に呼びつけるなどから、おかしなぁ。ヒエイがアクションを起こすたびに場内で笑いが起こっているぞw負ければギャグ要因なんてテレビシリーズでは目にしたけど、すでにギャグ要因になりつつあるんだよなぁw本人は真剣にそれをやっているのがまたw規律をなによりも守るヒエイとしてはいろいろと、尊敬していたコンゴウすら曲げてしまったイオナを、そして群像を目の敵にする。それだけの実力が今のところある。というか。イオナの超重力砲を防いだアレ、なんでヒエイが持っていたんだろう。それだけ本気だということか。
 そして、顔見せ程度だったミョウコウ型4人。アシガラさんが出番少なくてもいい感じに飢えた狼で大満足ですわ。
 そしてそして。名前だけなら新規パートの最初の方でヒュウガとタカオの会話に出てきて、それだけでもテンションあがったムサシ。ついに来た! ヤマトにムサシ、そしてナガトは原作では最初から出てきたもののテレビシリーズでは出番が無く、劇場ではどうだろうと思っていたらついに来た! ムサシ! 声がくぎゅううううううううう。さらについに来たか群像のパパン。全艦隊を率いて人類に再度宣戦布告。しかもまだヤマトもいるこの状況。圧倒的に人類に不利なんだけど、この状況で2作目は10月とか生殺しもいいところ。
舞台挨拶は興津さんと渕上さんに沼倉さんに山村さんの4人。上映後の舞台挨拶なのでネタバレありの内容のはずなんだけど、興津さんの好みの衣装だったり(興津さんいわく、ヒュウガの胸のアクセサリーが良い)誰が主人公なのか、2弾でタカオは服を着られるのかw今回はとにかく揺れていたwなどとカオスでしたw